抽選の結果、残念ながら最前をご用意できませんでした

限界寸前ガチ恋バンギャの徒然なるままに連ねるなにか

物販の時のマイルール

物販

それは自分の欲望との葛藤

 

過去チェキとかツアータオルとかツアーTシャツ、パーカー、周年とかファイナルであれば限定グッズ、そして当日チェキ

 

買わなければ行けないものが沢山あるわけです。

 

ツアーTシャツ、タオルは私、毎回は買わないんですよね。デザインがちょっとな……って言う時とか、逆にすごくデザインが好き!!っていうものをしばらく使いたい時とかは買わないんです。

過去チェキも場合による。ひとつのツアーに1回も行けなかったときにファイナルで引いたり、コスプレチェキ、私服チェキが追加された場合、当たりチェキがある場合は買う。でも過去チェキは買っても5枚まで。自己ルール。

 

1番の私の欲望との葛藤。それは

当日チェキ

 

ライブ終演後から販売される、ライブ当日に撮ったチェキ

バンギャルはこれを求めて終演アナウンスが流れるとすぐ物販に急ぐのです。

バンドによってルールがあって、制限枚数が設けられているところもあります。10枚とか、6枚とか。10枚分の値段で12枚セット売りしてる所もあったな。

まあ、それは置いといて。

私はいつも当日チェキ買う時、自分に宣言するんです。友達と連番してたら友達にも言います

 

「今日は〇〇枚でやめよう」

「本命くんでなかったら交換探せばいいし」

 

守った回数、なんと

0回

 

今日は5枚でいいやーとか言いながら並んでたのにいざ物販に立つと「8枚で」とこの口が勝手に漏らす。もう、水の如く。

友達もびっくりしていた。

「5枚って言ってたのに8枚とか言ってるから間違えたのかと思ったよ」

なんて言われたりもした。間違いではない

 

私のマイルール、制限枚数がないバンドなら10枚まで。制限枚数があるバンドなら制限枚数ぶんまで。

 

これだけはずっと守ってたんです。

しかし悲劇は起きた。

 

先日の本命盤のライブ、制限枚数が6枚までなので友人にも買ってもらった。

つまり12枚。本命の枚数、1枚

びっくりだよね。しかも衣装じゃなくてTシャツ。これはまずい

交換探す。見つからない。

困った私が友人に言った言葉

 

「これだめだ、出ないなら出すしかないわ。買ってくる」

 

手元にある12枚のチェキのうち、交換に出すものを友人に預け並びなおす私

6枚買う。本命、2枚。まあ、満足かな、なんて

思いつつ友人のところに行こうとしたその時

 

スタッフ「当日チェキまだありまーすあと5分で物販終わりまーす」

 

流れるように並びました。4枚買いました。

手元には本命が4枚来ました。

つまり5枚本命が来た。これなら友人に預けてたチェキは交換じゃなくて譲りに出してもいいや。

 

友人と合流

 

雨音「お待たせした」

友人「おかえりー!チェキ全部〇〇(本命)と交換できたよ!」

雨音「マジで」

 

手元に来た6枚の本命くん(かっこいい)

私の手には20枚のチェキが握りしめられていた。

考えたくないよね、お金に換算したくないよね

 

2万円だなんてね

 

翌朝の後悔はチェキホにしまう工程中に本命くんのかっこよさとすきすきビームでかき消されました。

これからのマイルールを発表します

 

欲望には忠実に。使った分は稼げ。

 

 

 

それでは、また

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厚みがすごい

f:id:rainwalz:20180612193006j:image
f:id:rainwalz:20180612193000j:image