抽選の結果、残念ながら最前をご用意できませんでした

限界寸前ガチ恋バンギャの徒然なるままに連ねるなにか

本命と自分の気持ちのすれ違い

三ツ矢サイダーにハマりました。雨音です。

炭酸苦手なんですけど三ツ矢サイダーと炭酸水は好きです。炭酸水に砂糖入れて飲めって話ではあるけれど三ツ矢サイダーのあの特有の優しさ(?)がすきです。

 

さて、本題

たまたまこちらのブログ

推しと私のモチベが合わない - 生きてるだけでありがたみ

を拝見させていただいて、私も相手とジャンルは違えどすれ違いあるなぁと思ったので書いてみようと思います

 

私がすれ違ってるなぁって思うこと、ライブのキャパ上げ

もちろん大きな会場でできるようになることはとても嬉しいし誇らしい。けどこの界隈特有(といっていいのかわからないけど)の無理なキャパ上げっていうのがありまして。

本命がいるバンドは知名度もあるし歴も長いバンドで、曲も万人受けするものが多いんですが、どうしても動員が付きにくいんですね。

都内ではだいたいキャパ500~1000の箱メインに、ホールも渋谷公会堂とか過去にやってるんですけど。ソールドさせたんですけど。

最近は平日だと都内の箱でもソールドは滅多にしないし、土日もソールドの話あんまり聞かなくなって。GWの都内近郊の箱(キャパ350くらいかな)でもソールドしないんですよね

そういうバンドだからこそもっとファン定着しないかなぁとか思うこともあるわけで。

そんな中、突然キャパ3000のホールでライブしますとか発表があった時、普通は嬉しい!!が優先されるのでしょうが、私は大丈夫……?が真っ先に浮かんでしまったんですね。悲しい

ことかな。というのもライブの日程が

月曜日!!埋まるわけないじゃん……

動員多くて有名な某バンドですら土曜日曜にライブやってソールド1歩及ばずでボーカル泣いてんだぞ……って気持ちで。

結局行きましたけど。ハレノヒなので

本命に思いっきり咲いて名前呼びましたけど

泣きましたけど。おめでとうって。でもね

私あのホールで花道あるの初めてみた。

もっと言うと2階3階席の1列目ずつしか人いないの初めて見たよ

アリーナはまあそこそこ埋まってたけど。

たぶん集客的には過去最大だろうけど。

嬉しいと切ないの入り混じったどうにも例えようがなく、きっと自分以外には理解されないであろう感情が湧きましたね。

でも、ボーカルが「この景色が見たかったんだよ」って笑うから振り向いて見渡したときのあのキラキラした景色は間違いなくこれまでで1番きれいな景色だとは思いました(手のひら返し)

 

うーんでも、やっぱ徐々に徐々に。

無理せず着実に大きなところでやってほしいのよね

目標は東京ドーム!!って言って、東京ドームでやること決まって、アリーナもうまらなくて、それでも目標達成って言えるのかな?っていう。

 

 

 

ほんと、みんなどうやってこういう温度差乗り越えてるんですかね。知りたい。

 

 

それでは。また